薬の買い方

薬の買い方を説明しましょう。特に、「医療用医薬品」とされている薬の買い方について。
薬と言ってもいろいろと種類があって、薬局に行ってすぐに買える薬と、病院で診察を受けて、処方箋を出してもらって薬局に行かなければ買えないものとがあります。
前者を一般用医薬品、後者を医療用医薬品と呼んでいるのです。国によって何を一般用、医療用とするかは違うということは、覚えておいてもらいたいポイントです。

さて、日本で医療用医薬品を購入する場合には、上に書いたようにまずは病院へ行かなければなりません。お医者さんが診察の結果、「この薬が必要だ」と判断した場合には、その旨を処方箋に書き、出してくれます。
それを薬局に持っていって薬剤師の人に見せると、薬を持ってきてくれます。そして、購入することが出来るという感じになっているのです。

日本では、勃起不全を改善する役割を果たすバイアグラは、医療用医薬品とされています。つまり、病院へ行って診察を受け、診断の結果と処方箋をもらって初めて、薬局に行くことが出来る薬のひとつであるということです。
今では勃起不全(英語名を略してEDとも呼ばれます)は、さまざまな年齢層の男性に現れる可能性がある症状だということで、泌尿器科などといった専門医科だけでなく、一般内科でも診察を受け、処方箋をもらうことが出来るようになっています。
また、ED専門のクリニックもあって、そこから処方箋を出してもらうことも出来るようになっているのです。

ただし、人によっては病院やクリニックに行く時間が取れないとか、どうしても恥ずかしくて行けないという場合もあるでしょう。
そういった場合に利用できるのが、海外で発売されているバイアグラを購入するという「通販」の方法です。
医療用医薬品ではなく一般用医薬品だとしている国から、個人輸入するという方法なのです。

薬の効果

バイアグラは、男性が上手く勃起できないというED(勃起不全)の症状を改善することが出来ます。
それは、必ずしも「飲めば治る」ということを意味しているわけではありません。あくまでも、飲んで効果があるのは「改善」ということです。
もう少し具体的に書くなら、薬を飲めば、効果が持続している間は普通に勃起することが出来るというものです。

バイアグラに含まれている成分が、男性の勃起がスムーズに行われるように身体に働きかける効果を持っているから、上に書いたようなことが可能になっています。
EDの症状に悩んでいる男性の身体は、勃起を促す働きを阻害する酵素が、力をつけすぎた状態になっています。
普段、その酵素は、男性がむやみやたらと勃起することがないよう、いわば熱を冷ます役割を担っているのですが、EDになると酵素が力をつけすぎて、いつでも熱を冷ます状態になってしまうのです。
「今はハッスルしなければならない時だ」という判断が出来なくなり、いつでも勃起を阻害してしまうのです。

バイアグラに含まれている成分は、その酵素の働きで阻害された勃起を、「アイツに従うことはない、心置きなく勃起しよう」と働きかけることが出来ます。
つまり、勃起を阻害する酵素よりも大きな声で、「勃起しよう」と言ってくれるわけです。
その声が続く間……つまり、効果が持続している間は、酵素がいくら働こうと、男性は勃起することが出来るという仕組みになっているのです。

シルデナフィル

ここでは、具体的に、バイアグラが勃起を促すメカニズムを説明していきましょう。

男性の勃起という現象は、主に性的な興奮を得たときに起こるものです。脳がその状態になり、高まったとき、ペニスの神経に命令が出されます。
「勃起せよ」という命令が、ペニスに向かうわけです。それを受けて、ペニスの神経が血管を広げます。血管が広がると、いつもより多い量の血液がペニスに流れこむことになります。
これによって、海綿体というペニスを構成する物が、水を吸わせたスポンジのように重々しく、硬く、そして大きくなるのが勃起です。
性行為が可能になり、脳を中心とした性的な興奮は頂点に達し、やがて射精してすべてが終わります。

しかし、そうしょっちゅう血液を大量に動かしていたのでは、身体の機能に障りが出ることにもなり、本当に必要でない場合には、ペニスの神経に出される命令を無視する働きが、男性の身体には備わっています。
その働きのお陰で、男性は慎みを持ったペニスをぶら下げることが出来るのです。いつでも張り詰めて脈打つペニスが立っていたのでは、日常生活にも障りがあるでしょう。

勃起不全とは、その「慎み」が逆に強くなりすぎたことで起きる現象です。興奮しており、性行為の機会があるにも関わらず、血管が開かず、ペニスが立ち上がらないという状況です。
バイアグラに含まれる主成分、シルデナフィルクエン酸が、その慎みを打破する働きを担います。
シルデナフィルクエン酸が、脳の命令をペニスの神経に伝達し、血管を広げさせるのです。

ジェネリック

薬には、「純正品」と呼ばれるもの、「後発医薬品」と呼ばれるものがそれぞれにあります。
純正品というのは、最初にその薬の効能を発見した製薬会社が開発し、発売した薬のことで、バイアグラもそれに当たります。
シルデナフィルクエン酸の働きを発見し、バイアグラという商品名の薬として発売したのは、アメリカのファイザー社という製薬会社です。

一方、後発医薬品というのは、バイアグラを例に取るなら、ファイザー社ではない製薬会社が発売したシルデナフィルクエン酸の働きを利用した医薬品のことです。
医薬品には特許があり、それが効いている間はファイザー社しかシルデナフィルクエン酸の薬は販売できません。しかし、特許が切れれば、他の製薬会社がシルデナフィルクエン酸を利用して薬を作っても構わないのです。
後発医薬品は、特許が切れたあとに作られた他社製の薬であるということになります。後発医薬品は、「ジェネリック医薬品」という名前でも呼ばれています。

バイアグラを購入することが出来る通販サイトでは、純正品だけでなく、ジェネリック医薬品の発売も行われています。
EDに効果のあるシルデナフィルクエン酸を、さまざまな製薬会社が薬にしたものが発売されているということです。
さまざまな会社が出しているので、値段もさまざまです。もしお財布にそれほど余裕がないという人がいたなら、ジェネリック医薬品を購入するというのも手段のひとつなのです。

ただし、初めてEDの改善薬を購入するという人に対しては、やはり純正品から始めてみるというのが一番確実でしょう。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー